あんしん住替え費用シュミレーションについて
住替えに掛かる情報を得ながら、住替えに関する概算費用のシュミレーションを行えます。
STEP01
物件価格を入力
STEP02
一般的なリフォーム工事内容について、それぞれのプランを設定し、概算工事費を設定しています。
STEP03
保険の選択
リンク先を見ながら保険に掛かる費用を入力
あくまでも標準的なものを想定しての概算費用シュミレーションになります。実際にご購入、リフォーム工事等される場合は、各事業者にご確認ください。
あんしん住替え費用ニュミレーション入力フォーム
STEP01不動産取得関係
物件価格を入力してください。仲介手数料は自動計算されます。
物件価格 万円
仲介手数料 万円
小計 万円
STEP02リフォーム工事関係
リフォームしたい部分について、工事内容を選択してください。 
内装
工事内容を選択 万円 工事内容を削除
キッチン
工事内容を選択 万円 工事内容を削除
お風呂
工事内容を選択 万円 工事内容を削除
洗面脱衣室
工事内容を選択 万円 工事内容を削除
トイレ
工事内容を選択 万円 工事内容を削除
補修工事 ※ 実証実験物件については補修工事も含めて
  リフォームプランを提案しています。
  ご自分でリフォーム工事を設定される場合も、
  ご自由に入力いただけます。
万円  
小計 万円  
STEP03保険の選択
中古住宅に対する保険として、中古住宅の売買に対する保険とリフォーム工事に対する保険があります。保険加入をお考えの場合は、リンク先を見ながら必要な費用を入力してください。検査料及び保証料が必要になります。
中古住宅売買かし保険 万円
リフォームかし保険 万円
小計 万円
支払い合計額 万円
その他
各種税金が必要になります。

自己資金として最低限必要になる費用

<<?物件の取得?>>
物件取得の際には、最低限 頭金諸経費 が必要になります。
頭金については、住宅ローン融資限度額が、購入価格の8割までとしていることが一般的ですので、最低でも物件価格の2割程度が必要になります。
また、諸経費とは、仲介手数料や契約手続きにかかる手数料、税金等として、目安として物件価格の1割程度を準備しておきましょう。
グラフ

<<?リフォーム工事?>>
リフォーム工事の際には、頭金の他にローン手数料や税金などの諸経費が目安として1割程度かかります。また、補修が必要な場合の工事や追加しなければならない工事が出てきた場合の追加工事の予備費として、工事費の1割程度を準備しておきましょう。
グラフ
実際に住替える際には、物件の購入以外に、カーテン、家具等の購入資金、引越しに掛かる資金などもチェックしておくようにしましょう。
[ 引用HP ]住宅金融支援機構HP

ローンシュミレーション

月々の住宅ローン返済額についてシュミレーションしてみましょう。
[ 参考HP ] 住宅金融支援機構ローンシュミレーション