住まいの健康診断書付住宅


不動産事業者の方へ
「建物検査」、「住宅診断」、「ホームインスペクション」など、近頃欧米型の中古住宅取引の考え方が日本においても注目され始めました。  
個人間の中古住宅取引を仲介する立場として、売主として中古住宅を売却される立場として、建物検査を行う場合以下のような効果が期待されます。
建物検査のメリット
建物検査により中古住宅の見える化を図ることで、買主の安心感が高まり、価格に対する信頼もより得られやすくなります。その結果、物件の早期売却ができる可能性が高まります。
アンケート結果より
H23年度住宅流通促進事業参加者へのアンケート調査によると、総合的に見て売りやすくなったと回答した事業者は合計で8割強。建物の状態や価格等が明確になることにより、売主・買主の安心感が向上したとの評価を得ました。
アンケート
特に、見た目は古いけれど中身はまだまだしっかりしている物件であれば、より効果が高まることが期待されます!
今なら「住まいの健康診断」事業へ参加することで住宅診断を一部負担(※宅建協会と福岡県が診断費用を一部負担いたします)で受けられます。
※「住まいの健康診断」事業による現況検査の対象及び費用について(予算上限に達し次第、締め切り)
[ 一戸建住宅 ]
主たる建物を対象とし、付属建築物を除きます。(独立した離れ、物置、車庫等)
現場施工の鉄筋コンクリート造及び混構造等の場合等、別途費用がかかる場合があります。
[ 共同住宅(分譲マンション) ]
専有部分・専用使用部分を対象とします。
物件の募集については原則FAX先着順に受付、予算上限に達し次第締め切ります。
応援宣言事業者
応援宣言事業者とは 応援宣言事業者一覧 

(公社)福岡県宅地建物取引業協会 TEL:092-631-1717
(一財)福岡県建築住宅センター TEL:092-781-5169