住まいの健康診断書付住宅


参加方法
申込方法
申込手続きについては、仲介する不動産事業者を介してお申込みください。
※購入希望者が申し込む場合は、補助要件を確認できる書類をご準備下さい。(運転免許証、住民票の写し)
 【要件】・若年世帯の場合:申込者及びその配偶者(事実婚及び婚約者含む。)の年齢の合計が80歳以下である方
      ・子育て世帯の場合:同居者に18歳未満の方又は妊婦がいる方
      
窓口又は郵送により申込みされる場合の申込み手順
様式ダウンロードコーナーより様式をダウンロードし、必要書類を提出してください。
窓口・郵送申し込み
事業実施の流れ
事業実施の流れ
◆リフォーム概算見積について
本事業において、「住まいの健康診断」結果による補修工事費の見積作成は、原則行いません。参加者による見積りが必要で作成困難と認められる場合に限り、福岡県リフォーム推進ネットワーク協議会に見積作成を依頼することができます。
また、売買契約前の物件購入希望者からの依頼については、必ず物件所有者並びに仲介業者の承諾を得た上で、仲介業者を介して見積依頼をお願いいたします。
[福岡県リフォーム推進ネットワーク協議会事務局] フリーダイヤル0120-782-783
[ホームページURL] http://freform.fkchk.net/

オプション
耐震診断調査を同時に申込することが可能です。
国土交通省監修【木造住宅の耐震診断と補強方法】に基づく「一般診断法」による調査です。
一般診断法は、原則非破壊による調査でわかる範囲の情報に基づき、大地震での倒壊の可能性(※)に関して診断します。

◆診断対象
 建築後20年を経過した2階建て以下の木造戸建て住宅

◆診断費用
 32,400円(税込)
 ※耐震基準適合証明書については、耐震基準適合後に別途21,600円(税込)で作成可能です。
 ※耐震診断には床下・小屋裏の進入調査を含みます。
 ※「住まいの健康診断」と同時に申し込みする場合のみ。
 ※耐震診断について詳しくはこちら。
ご留意事項
 ・耐震補強工事を行う場合は、耐震診断報告書の耐震補強計画通りに施工する必要がありますので、
  耐震診断を行った事業者に発注することをおすすめいたします。
 ・報告書の作成に時間を要するため、お手元に耐震診断報告書が届くまで現地調査実施日から3週間程かかる場合があります。
床下・小屋裏進入調査を同時に申込することが可能です。
◆診断費用
 床下進入調査 10,800円(税込)
 小屋裏進入調査 10,800円(税込)
 ※「住まいの健康診断と同時に申込みする場合のみ。
住まいの健康診断及び耐震診断に係る期間
◆「住まいの健康診断」: 検査実施日から概ね1週間前後
◆ 耐震診断: 検査実施日から概ね3週間前後
※事業開始直後等申込み件数が集中する時期は、報告書作成が遅れる場合がございますのでご了承下さい。
「平成29年瑕疵保険事前検査オプション追加にあたって」
オプション
◆事前検査とは
事前検査とは、瑕疵保険の申込を予定している住宅の現況について、保険の検査基準への適合状況を確認する検査です。
保険契約の締結が可能かどうかを判断する検査であり、第三者に対して住宅の性能を評価・表示または瑕疵がないことを保証するものではありません。

◆対象物件
戸建住宅、新耐震基準に適合している個人間売買物件に限る。

◆オプション追加費用と検査内容について
オプション追加費用(\16,200税込)。(株)ERIソリューションが検査を実施します。
保証の関係で、基本の検査と床下の進入検査を行います。
※瑕疵保険締結時には、事務手数料、保険料が必要です(本オプションによる保険期間は1年のみ)。

◆事前検査の有効期間等に注意
既存住宅売買瑕疵保険の契約締結は、事前検査報告書の総合判定欄が“適合”になっており、
事前検査の実施日(最後の検査の実施日)から引渡しまでの期間が1年以内の場合。
※検査基準に適合しない場合は、補修及び再検査が必要。再検査・補修費用は別途必要。

振込先
 ※現況検査日の3日前(土・日・祝除く)までに入金してください。
 なお、入金が確認できない場合には、検査を実施することができませんので、ご了承願います。
 ※銀行振り込みの手数料は、ご依頼人のご負担でお願い致します。
振り込み先
参加費用
〇通常の診断費用
一戸建て住宅:54,000円(税込)※床面積が200崢兇諒件は、別途21,600円(税込)追加費用が必要となります。
共同住宅:(分譲マンション):32,400円(税込)
参加費用
詳しくは料金表をご覧ください。
 「住まいの健康診断」実施に係る「住まいの健康診断」費用(一戸建て住宅:54,000円(税込)、共同住宅(分譲マンション):32,400円(税込))のうち1/4を宅建協会が、1/2を福岡県が負担いたします。(宅建協会及び県の予算には、それぞれ上限があります。)ただし、「住まいの健康診断」による検査の対象に含まれない部分がございますので、実施要領にてご確認ください。
なお、床面積が200崢兇両豺腓膨媛辰箸覆觚〆哉駘僉21,600円:税込)については、県及び宅建協会の負担の対象外となります。
様式ダウンロード
※事業終了後、アンケート調査を実施予定です。次年度以降の事業につなげるためご協力のほどよろしくお願いいたします。

・「平成29年度住まいの健康診断事業」参加規約PDFファイル
・「平成29年度住まいの健康診断事業」実施要領PDFファイル
【参考資料】
・「住宅の売却をお考えの皆様へ」PDFファイル
・福岡県中古住宅リフォーム設計施工マニュアルPDFファイル
【一戸建用】様式
様式1「平成29年度住まいの健康診断事業」参加申込書(一戸建住宅用)
様式1 様式1     様式1記入例

【分譲マンション用】様式
様式2「平成29年度住まいの健康診断事業」参加申込書(分譲マンション用)
様式2 様式1     様式1記入例

「住まいの健康診断」物件確認シート ※参加申込書と一緒にご提出下さい。
物件確認シート
様式2 様式1     様式1記入例

【注意点】必ずご確認ください。



応援宣言事業者
応援宣言事業者とは 応援宣言事業者一覧 
(公社)福岡県宅地建物取引業協会 TEL:092-631-1717
(一財)福岡県建築住宅センター TEL:092-781-5169